左テキスト 右テキスト

【キレイモのシェービング】シェービング代は?剃り残し・自己処理を忘れたら?

キレイモ シェービング 脱毛
  1. キレイモのシェービングサービス/シェービング代や剃り残しの対応
    1. キレイモのシェービングサービスの対象範囲
    2. キレイモの剃り残しや自己処理忘れの対応について
    3. キレイモのシェービング代について
    4. 学割プランでもシェービング代は無料
  2. キレイモの施術前にシェービングが必要な理由について
    1. シェービングが必要な理由1・脱毛効果を高めるため
    2. シェービングが必要な理由2・痛みを軽減するため
    3. シェービングが必要な理由3・肌トラブルを避けるため
  3. キレイモの脱毛効果を高めるシェービングの方法や注意点
    1. キレイモの施術1~2日前に自己処理をしましょう
    2. キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法1・電気シェーバーを使用
      1. カミソリや毛抜きでの自己処理はNG
    3. キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法2・自己処理後はしっかり保湿をする
    4. キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法3・施術直後の自己処理はNG
    5. キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法4・VIOの自己処理にはVラインプレートがおすすめ
    6. キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法5・ムダ毛の長さは2mmほどにする
  4. キレイモのシェービングサービスと他の脱毛サロンを比較
    1. シェービング代やサービスを比較
    2. 剃り残しの対応を比較
  5. キレイモのシェービングよくある質問
    1. ハイジニーナにする場合の自己処理方法を教えてください。
    2. キレイモでは剃り残しが多く施術不可の場合は1回分の紹介になりますか?
    3. Iラインを上手に自己処理する方法を教えてください。
    4. ワックスや毛抜きでの自己処理がNGな理由を教えてください。
    5. キレイモの自己処理でおすすめの電気シェーバーはありますか?
  6. キレイモのシェービング・自己処理まとめ

キレイモのシェービングサービス/シェービング代や剃り残しの対応

キレイモ シェービング

キレイモのシェービングサービスの対象範囲

無料で行ってくれるシェービングサービスうなじ
背中
ヒップ
Oライン

キレイモで無料で行ってくれるシェービングサービスの範囲は手が届きにくく、自己処理をするのが難しい【うなじ・背中・ヒップ・Oライン】の4ヵ所です。この4ヵ所は自己処理をしていなくても、サロンでの施術の前にスタッフさんがシェービングサービスを行ってくれます。

手が届きにくいパーツのシェービングは自分でするのは難しいですし、無理して自己処理をしようとするとケガをしてしまう可能性もあります。傷があると、脱毛のお手入れができなかったりしてしまうので、無理してシェービングをせず、プロのスタッフさんにおまかせしましょう。

逆にこの4ヵ所以外の自己処理をせずにサロンへ行くと施術を断られてしまう場合もあるので、できる範囲の自己処理は自身できちんと行ってからサロンへ行きましょうね。

キレイモの剃り残しや自己処理忘れの対応について

キレイモでは、剃り残しや自己処理をしていくのを忘れてしまった場合、【うなじ・背中・ヒップ・Oライン】の4ヵ所に関しては施術前にスタッフさんがシェービングをしてくれるので問題ありません。逆に自己処理が難しいので、無理して自己処理をして行かずにスタッフさんにおまかせした方が安全です。

キレイモは顔脱毛やVIO脱毛も含めた全身脱毛専門のサロンなので、予約の前日には全身の自己処理が必要になります。

多少の剃り残しであれば【うなじ・背中・ヒップ・Oライン】のシェービングのついでに剃ってくれるかもしれませんが、原則、剃り残しのあるパーツは施術を受けることができません。施術を受けられなくても1回分としてカウントされてしまうので、事前の自己処理は必ず行っておいてくださいね。

キレイモのシェービング代について

キレイモはシェービング代はかかりません。

ですが、これは無料でシェービングサービスを行っているという訳ではなくて、剃り残しや自己処理を忘れたパーツについては、原則シェービングサービスを行っていません。剃り残し箇所があってもスタッフさんがシェービングしてくれたというような口コミもありますが、場合によっては施術を断られてしまう可能性もあります。

ですが、自己処理の難しい【うなじ・背中・ヒップ・Oライン】の4ヵ所については施術前にスタッフさんがシェービングサービスを行ってくれます。このシェービングサービスは無料です。

事前の自己処理は脱毛のお手入れをする上でとても大切なポイントです。脱毛効果にも関係してきますし、照射の痛みや肌トラブルにもつながることもあります。

学割プランでもシェービング代は無料

以前までは月額制のプラン「U19応援プラン」は、1回1,000円のシェービング代がかかっていたみたいですが、現在は全プランでシェービング代は無料になっています。シェービング代もかかりませんが、シェービングサービスがあるのは【うなじ・背中・ヒップ・Oライン】の4ヵ所だけです。

学割プランというものは現在は廃止されているのでありませんが、学割として契約時のプランの金額から最大で50,000円割引になります。学生のうちに学割で契約すると、卒業後も通うとしても追加料金などがかかることもなく、お得に全身脱毛が可能です。学割には学生証や在学証明書などの学生身分を証明するものが必要で、未成年の方は、保護者の同意が必要です。親権同意書のフォーマットが公式サイトにあるので、カウンセリングのときに持参しておくとスムーズに契約がすすみますよ。

キレイモの施術前にシェービングが必要な理由について

キレイモ シェービング

シェービングが必要な理由1・脱毛効果を高めるため

キレイモで使用している脱毛器は毛の黒い部分(メラニン色素)に反応することで脱毛効果があるものです。

施術前のシェービングがきちんとできていないとお肌の表面にもムダ毛がたくさんある状態になりますよね。その状態で照射をしてしまうと、余計なムダ毛にも照射の光が反応してしまって、十分な脱毛効果を得ることができなくなってしまいます。事前のシェービングをするかしないかで脱毛効果が変わってくるのです。

自己処理がきちんとできていると毛根にあるメラニン色素に反応できるのですが、お肌の表面にまで黒い部分があると余計に反応してしまって照射のパワーが分散されてしまいます。

毎回しっかり脱毛効果を実感するのに、施術前のシェービングは大切なポイントです。

シェービングが必要な理由2・痛みを軽減するため

キレイモが採用している「IPL脱毛」は、黒い部分(メラニン色素)に反応する光を照射し、熱を発生させて毛根にある発毛細胞にダメージをあたえ、はたらきを抑制させる仕組みです。医療脱毛よりも痛みが少ないことが特徴ですが、それでも全く痛みがない訳ではないです。

事前のシェービングがきちんとできていない状態で照射をすると、お肌の表面にあるムダ毛にも照射の際の熱が発生し、普段よりも痛みを強く感じてしまう可能性があります。

痛みが強く、さらに脱毛効果も半減してしまうので、もったいないですし、デメリットしかないです。

そういった理由から、施術前にシェービングがきちんとできているか確認して、剃り残しがあったり自己処理ができていないと照射を断られてしまうのです。

シェービングが必要な理由3・肌トラブルを避けるため

また、シェービングをしていないと肌トラブルのリスクが高まります。

ムダ毛が伸びている状態で照射をすると火傷などのリスクにつながります。さらに乾燥肌や敏感肌の方は特に肌荒れを起こしてしまう可能性も。また、火傷や肌荒れ以外にも毛嚢炎(毛穴が炎症を起こしてしまう)などの、肌トラブルのリスクも高くなってしまいます。

もちろんキレイモでは、シェービングができていない状態で脱毛のお手入れを行うことはありませんが、もしシェービングをせずに施術を受けたとしたら、これらのような肌トラブルを起こしてしまうリスクが高いということを理解しておいてください。

以上の3つの理由から、事前のシェービングがとっても重要だということを分かってもらえたかなと思います。

キレイモの脱毛効果を高めるシェービングの方法や注意点

キレイモ シェービング

キレイモの施術1~2日前に自己処理をしましょう

「事前の自己処理はいつしたらいいの?」「できるだけギリギリに剃った方がいいのかな?」など、悩みますよね。キレイモでは、施術の1~2日前までの自己処理をお願いしています。

予約当日に自己処理をすると、自己処理の時点でお肌に負担がかかっていて、さらに脱毛のお手入れでもお肌に負担をかけてしまうので、肌荒れなどを起こしてしまいやすいです。

また、自己処理によって赤みが出たりなどの肌トラブルを起こしてしまう可能性も考えて、赤みが引く時間を設けることもお肌の負担の軽減につながります。

自己処理の難しい【うなじ・背中・ヒップ・Oライン】はスタッフさんによるシェービングサービスがるので、無理して自己処理をしなくても大丈夫です♪

キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法1・電気シェーバーを使用

施術前の自己処理にカミソリを使用している方がほとんどだと思いますが、電気シェーバーの使用をおすすめします。

電気シェーバーは、お肌の表面に直接刃を当てて剃っていくカミソリとは違って、剃刃が直接お肌に当たることはないので、お肌に負担がかかりません。脱毛サロンや医療脱毛のクリニックなどで電気シェーバーが推奨されているのも、そういった理由からです。

キレイモは、全身脱毛専門の脱毛サロンなので、顔・全身・VIOなどすべてのパーツの自己処理が必要です。

パーツごとに電気シェーバーを買い揃えるのは大変なので、アタッチメント式の電気シェーバーだと、ヘッド部分を処理したいパーツに最適なものに付け替えができるのでおすすめですよ。

カミソリや毛抜きでの自己処理はNG

おうちでの自己処理でカミソリを使用している方は多いと思います。電気シェーバーと比べて、お肌にかかる負担が多くなってしまうので、これから長い脱毛生活を送るうえで電気シェーバーでの自己処理をおすすめします。

ちなみに毛抜きでの自己処理はぜっっっったいにダメです!

キレイモの脱毛器は、黒い部分(メラニン色素)に反応する機械なんですが、毛抜きでムダ毛を根っこから抜いてしまうと、黒い部分がなくなってしまうので脱毛効果を得ることができません。さらに、毛抜きでの自己処理は毛周期のサイクルが乱れてしまったり、毛嚢炎や出血などの肌トラブルを引き起こしてしまう可能性が高いです。

また、除毛クリームなどもありますが、薬剤で毛を溶かす除毛クリームはお肌への刺激が強いので施術前の自己処理には向いていません。

キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法2・自己処理後はしっかり保湿をする

事前の自己処理後はしっかり保湿ケアもしておきましょう。

自己処理をすると、少なからずお肌に負担はかかっています。保湿ケアを怠ると、お肌の乾燥によって皮膚が硬くなってしまって脱毛効果が半減してしまったり、乾燥による肌トラブルで脱毛の施術が受けられない可能性もあります。いつも使っているボディクリームなどでもいいので、しっかり保湿してください。

また、普段から保湿ケアを行い、お肌の状態が整っていると脱毛効果もアップしますよっ!

回数を重ねることで徐々に脱毛効果を得ることができるので、1回ずつのお手入れもしっかり最大限の効果を得られるように日々の保湿ケアを習慣付けましょう。

1つ注意点として、油分の多い乳液やクリームは毛穴に入り込んでしまい、脱毛器が反応しにくくなってしまうので、施術当日は避けてください。

キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法3・施術直後の自己処理はNG

脱毛のお手入れ直後のお肌は乾燥してとてもデリケートな状態です。保湿ケアも大切ですが、施術直後の自己処理も控えた方がいいです。キレイモでの脱毛は施術直後からすぐ抜けるのではなく施術の1週間後ぐらいから徐々に抜けはじめます。

できれば次回のお手入れの1~2日前まで自己処理を控えるようにするのが理想ですが、それまでに肌を出す機会があったり、ムダ毛が気になる方もいますよね。そういった場合の自己処理は電気シェーバーを使用して、できるだけお肌に負担がかからないように気を付けながらシェービングをしてください。その後も保湿ケアもきちんと行ってくださいね。

脱毛のお手入れ後は、肌トラブルを防ぐためにも日焼けや自己処理などのお肌に負担がかかる行為は避けるようにしてください。

キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法4・VIOの自己処理にはVラインプレートがおすすめ

VIOラインのデリケートゾーンの自己処理はハイジニーナ(VIOすべての毛をなくす)にするか、Vラインの毛を残すかによって変わってきます。

毛を残す場合は、希望のデザインに合わせてシェービングをする必要があります。左右対称になっているか気になったり、慎重にもなりますよね。

そんなときにおすすめなのがVラインプレートです。このVラインプレートを使用することで自分の希望するデザインに合わせた自己処理が簡単にできますし、施術後の形がイメージしやすくなるだけではなく、毎回同じ形で自己処理や施術ができます。

Vラインプレートはキレイモの店頭で購入することができるので、カウンセリングのときに購入しておくと次回のお手入れ前の自己処理がうまくいきますよ♪

キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法5・ムダ毛の長さは2mmほどにする

関連ページ:キレイモ 効果

事前に自宅でのシェービングをしっかりしておかないと、当日の施術をしてもらえないかもしれない、という風に不安に思っている方は自己処理を予約ギリギリにして、ツルツルのお肌の状態でサロンへ行っていませんか?

自己処理を予約ギリギリにしてしまうと、自己処理と脱毛のお手入れでお肌への負担も大きく、肌トラブルにつながりかねません。

ムダ毛のお手入れですが、施術のときに2mmほどなら生えていても問題ありません。

1週間前とかに自己処理をしてしまうとムダ毛が伸びてきてしまい十分な脱毛効果を得られなかったり、痛みを強く感じてしまうだけじゃなく、場合によっては施術を断られてしまう可能性も。

お肌への負担も考慮して施術前の自己処理は1~2日前に済ませておきましょう。

キレイモのシェービングサービスと他の脱毛サロンを比較

キレイモ シェービング

シェービング代やサービスを比較

脱毛サロン名シェービング料金シェービング
サービス範囲
ミュゼおこなっていないうなじ・背中上下・Oラインの3部位
キレイモ回数・無制限プランは無料
月額プランはシェービング補助代が毎月1,000円
うなじ・背中・ヒップ・Oラインの4部位
銀座カラー回数プランや脱毛し放題プランはシェーバー持参で無料
月額プランは1回3,000円
うなじ・背中・腰・お尻・Oラインの5部位
ストラッシュパック・無制限プランは無料
月額プランと都度払いは1,100円
自己処理が難しい部位
シースリー無料
剃り残しが多いとキャンセル
自己処理が難しい部位
ラココ自己処理が難しい部位は無料自己処理が難しい部位
リンリン無料
ただしシェーバーは持参しないといけない
うなじ・背中・Oライン
ミライおこなっていない剃り残しがあったら、照射1回分が消費される
脱毛ラボ有料基本のシェービング1,000円、顔またはVIOは1,500円

剃り残しの対応を比較

脱毛サロン名シェービング料金
ミュゼ自己処理が難しい部位はサロンスタッフが手伝います。
キレイモ自己処理が難しい部位は無料で処理してくれます。
銀座カラー自己処理が難しい部位はお店でシェービングしてくれる。
ストラッシュ自己処理が難しい部位はシェービングのサービスあり。
シースリーえり足、背中など手の届かない範囲は無料でスタッフがしてくれる。
ラココ剃り残しのシェービング代は無料。
リンリン自己処理が難しい部位は無料で処理してくれる。
ミライなし
脱毛ラボ照射範囲であれば有料でシェービング対応している。

キレイモのシェービングよくある質問

キレイモ シェービング

ハイジニーナにする場合の自己処理方法を教えてください。

ハイジニーナ脱毛は、デリケートゾーンに生えているVIOラインのムダ毛を脱毛してすべてなくすことをいいます。

最近は、ハイジニーナ脱毛をする女性も多く、ムレや気になるニオイが軽減されたり、ムダ毛を気にしなくていいので水着や下着もいつでも可愛く着られるなど、メリットがたくさんあります。

また「介護脱毛」という言葉もあり40代以上の女性のハイジニーナ脱毛も増えてきています。

脱毛前の自己処理についてはVIOラインのムダ毛は長さがあるので、はじめにハサミや専用のヒートカッターなどでムダ毛を短くカットしてから、電気シェーバーで毛の流れに沿って仕上げるのがおすすめです。

鏡を見ながら少しずつ丁寧に剃っていきましょう。

また、Oラインについては施術前にシェービングサービスがあるので、無理して自己処理をしていかなくても大丈夫ですよ。

キレイモでは剃り残しが多く施術不可の場合は1回分の紹介になりますか?

剃り残しが多くて施術ができない場合でも1回分の消化とみなされます。

キレイモでは、自宅での自己処理が難しい【うなじ・背中・ヒップ・Oライン】の4ヵ所については施術前にスタッフさんによるシェービングサービスがありますが、この4ヵ所以外のパーツのシェービングサービスは行っていません。お金を払えばしてもらえるという訳でもなく、1人ずつの施術時間の枠は決まっています。

スタッフさんによっては多少の剃り残しだと、シェービングサービスのついでに他のパーツのシェービングもしてくれるみたいですが、基本的には剃り残し箇所の施術を受けられなくなるか、広範囲の剃り残しがあると施術を断られてしまう場合もあるみたいです。

回数プランの契約をしている方は大事な1回分の消化になってしまうので、かなりもったいないです。

Iラインを上手に自己処理する方法を教えてください。

Iラインは、デリケートゾーンの陰部の両側、太ももの付け根に生えているムダ毛のことをいいます。

Iラインを脱毛すると生理のときのムレなどから解放され、衛生的に保たれます。また、Tバックやブラジリアンビキニなど、小さな下着や水着を着用してもムダ毛がはみ出たり、気にしなくていいので、好きなファッションを楽しめます♪

Iラインの自己処理は、目で見て確認できないので鏡を使用してゆっくり慎重に剃っていきましょう。

刃が皮膚に直接触れることのない電気シェーバーを使用すると、デリケートなパーツでもお肌を傷つけることなく安全にシェービングができます。脱毛のお手入れを繰り返し行うことで、色素沈着による黒ずみも軽減されますよ♪

ワックスや毛抜きでの自己処理がNGな理由を教えてください。

ムダ毛処理は、電気シェーバーやカミソリ、毛抜きやワックス、除毛クリームなどさまざまな方法がありますが、脱毛のお手入れ前の自己処理には、ワックスや毛抜きでの自己処理はおすすめしません。

ワックスや毛抜きを使用しての自己処理は、ムダ毛を毛根から引き抜く方法です。キレイモの脱毛方式は、毛の黒い部分(メラニン色素)に反応することで脱毛効果を得ることができます。ワックスや毛抜きでの自己処理をしてしまうと、根っこからムダ毛を抜いてしまうので、毛根の黒い部分も一緒に引き抜いてしまいます。

せっかく脱毛お施術をしても、黒い部分がないので、脱毛の効果も実感できなくなってしまいます。

また、除毛クリームもお肌への刺激が強く、脱毛のお手入れと合わせるとお肌への負担が大きいのでおすすめできません。

キレイモの自己処理でおすすめの電気シェーバーはありますか?

キレイモでは、施術前の自宅での自己処理に1番お肌に負担のかからない電気シェーバーの使用をおすすめしています。

電気シェーバーも家電量販店や大手ショッピングサイトでたくさん販売されているので、どれを選んだらいいのか迷っちゃいますよね。

電気シェーバーのおすすめは、キレイモで販売している【KIREIMO SMOOTH BODY SHAVE】です。

フェイシャル・ボディ・VIOシェーバーの3つがセットになっていて、ヘッドを付け替えるだけで全身のムダ毛ケアが可能です。全身脱毛・顔脱毛・VIO脱毛のあたまからつま先まで360度まるごと脱毛できるキレイモなので、自宅での自己処理もそれぞれのパーツに合ったシェーバーが使用できるのでおすすめ!

カラーも黒・白・ピンクの3色展開で、お値段は税込7,678円です。

キレイモのシェービング・自己処理まとめ

関連ページ:キレイモ 口コミ

脱毛効果を最大限まで高めるためには、施術前の自己処理がとても大切です。

誤った自己処理の方法だと、脱毛効果が半減してしまうだけじゃなく、お肌への刺激や負担になり、火傷や炎症などの肌トラブルにもつながってしまう可能性もあります。

自己処理の方法としては施術の1~2日前までに電気シェーバーを使用しての自己処理が理想です。自己処理後の保湿ケアも丁寧にしておくことが脱毛効果をより高めることにもつながります。逆にギリギリの自己処理や日焼けなど、お肌への刺激や負担はなるべく避けてください。

また、キレイモでは電気シェーバーの販売や自己処理の難しいデリケートゾーンに使用するためのVラインプレートなども販売しています。気になった方は気軽にスタッフさんに相談してみてください♪

タイトルとURLをコピーしました