左テキスト 右テキスト

【家庭用脱毛器はVIOに効果あるの?】VIO脱毛におすすめの脱毛器

【家庭用脱毛器はVIOに効果あるの?】VIO脱毛におすすめの脱毛器 脱毛

VIO脱毛におすすめの家庭用脱毛器の選び方3つのポイント

選び方1・VIO脱毛可能の機種を選ぶ

家庭用脱毛器は、色んなメーカーからたくさんの種類が販売されています。VIO脱毛をするのにおすすめな家庭用脱毛器を選ぶポイントを3つ紹介します!

まず1つ目は、当然ですが、VIOの脱毛が可能な機種を選ぶことです。

どの脱毛器でも顔からつま先までの全身脱毛ができると思われている方もいるかもしれませんが、機種によって照射できる範囲が違います。Vラインの照射が可能でも、IラインやOラインは照射範囲外といった機種もあります。

家庭用脱毛器は、基本的に数年単位の長い年月使用することになるので、照射可能範囲が広い脱毛器をおすすめします。(例えば、Vラインの脱毛のみで良いと思って製品を購入して、後からIライン、Oラインの脱毛をしたくなっても対応できるため。)

選び方2・細かく照射レベルを設定できる機種を選ぶ

家庭用脱毛器を選ぶうえで、VIO脱毛が可能な機種を選ぶことが大切だとお伝えしました。2つ目のポイントは、照射のレベルを細かく設定できる機種を選ぶことです!

家庭用脱毛器は、手動で照射のレベルを調節できる機種と(5段階~10段階程度)、照射箇所のお肌の色に合わせて自動で照射レベルを調整してくれる機種があります。

VIOラインはデリケートな箇所で、皮膚が薄いうえに毛は濃いので、照射の際の痛みも他の箇所より感じやすいです。自動で照射レベルを設定してくれるタイプの機種を選んでしまうと、痛みが強く出ても照射レベルを変更することができません。(照射レベルを手動に切り替えれる機種もあります。)

低い照射レベルからはじめて、徐々に照射レベルを上げていくことで痛みにも慣れ、しっかり効果も感じられるようになります。

選び方3・清潔でコスパが良いカートリッジ交換式の機種を選ぶ

VIO脱毛をするのにおすすめな家庭用脱毛器を選ぶポイントの最後、3つ目はカートリッジ交換式の機種を選ぶことです。家庭用脱毛器には、本体交換式とカートリッジ交換式のものがあります。本体交換式は、いわゆる使い捨てです。照射回数を打ち切ってしまうと本体ごと捨てるしかありません。

カートリッジ交換式は、照射回数を打ち切ってもカートリッジ(別売り)を付け替えることで半永久的に使用できます。カートリッジも色んな種類があり、照射箇所に合わせて付け替えることができます。また、本体1台に対して複数のカートリッジを持つことで家族や友達、恋人ともシェアすることができます。カートリッジは交換できるので、衛生面からみても安心できます。カートリッジ交換式のタイプの機種はスキンケアのカートリッジを販売している製品も多く、脱毛器だけじゃなく美顔器として使用することもできます。

家庭用脱毛器で効果的にVIO脱毛する方法

好きなデザインを決めましょう

VIOラインの脱毛をするにあたって、IラインとOラインの毛は全部なくしたいと思っている方がほとんどだと思いますが、Vラインに関しては残すか残さないか悩む方が多いと思います。

最近は、ハイジニーナ(VIOラインの毛はすべてなくす)にしている女性が多い印象ですが、全部なくすのは恥ずかしいというような意見もあります。

また、ハイジニーナ以外にする方は、Vラインのデザインを決めなくてはいけません。デザインも数種類あり、自然な感じにするのであれば「ナチュラル」や「トライアングル」、綺麗に整えるのであれば「オーバル(楕円)」や「スクエア」などがあります。今は、アンダーヘア用のスタイル型シート(テンプレート)というものも販売されています。Vラインを希望のデザインにできるスタイルガイドで、1000円以下で購入できるので気になった方はそちらも活用してみてください!

事前に自己処理を行いましょう

家庭用脱毛器でも、脱毛サロンや医療脱毛のクリニックでも、事前の自己処理が大切です。

VIOのデリケートゾーンの自己処理は、照射の前日か当日に行うようにしましょう。というのも、VIOラインは、毛の生えてくるスピードが早く、また生えてくる毛も濃いので自己処理が数日前だと照射のときにはもう毛が伸びてきていて、痛みが強くなる可能性があります。

また、ハイジニーナの場合は自己処理は問題ないですが、Vラインの毛を残す場合の自己処理の方法は、したいデザインに合わせて剃毛しないといけないです。この場合は、ハサミで毛を短くカットしてから電気シェーバーで毛の流れに沿って剃毛していくと綺麗にできます。鏡を見ながら左右対称になるように慎重に剃毛していきましょう。

出力レベルは段階的に上げましょう

自己処理が完了したら、さっそく照射していきましょう!

家庭用脱毛器は、脱毛サロンや医療脱毛のクリニックよりもパワーが劣るので、高い出力レベルで照射しないと効果が出ないと思っている方もいると思いますが、VIOラインは毛が太く濃い部分で、さらに皮膚は薄いため痛みを感じやすい箇所になります。効果を早く実感したいからといって高い出力レベルで痛みを我慢して照射しても、お肌に負担はかかっていて、肌トラブルを起こしてしまう可能性も。VIOラインはデリケートゾーンなので他の部分よりも敏感です。肌トラブルが起きてしまうと定期的なお手入れができず、結果的に脱毛完了までの期間が伸びてしまいます。

なので、低い出力レベルからはじめて痛みにも慣れてから、徐々にレベルを上げて照射していくようにしましょう。

照射前後はしっかり冷却しましょう

痛みに弱い方や敏感な方は、照射前後でしっかり冷却しましょう。

VIOラインの脱毛は、パワーの弱い家庭用脱毛器でさえ痛みを感じやすい箇所です。他の人にやってもらうならまだしも、痛いと分かっていながら自分で照射するのって結構なストレスですよね。できる限り痛みを軽減しながら脱毛をしていくには、照射前の冷却が大切になってきます。冷却する秒数は特に決まっていませんが、感覚がなくなるぐらい冷却するとその後の照射でも痛みを感じにくくなります。痛みに弱い方や、高い照射レベルで照射する方は、冷却時間を長めに取りましょう。また、照射後のお肌は熱を持っているので照射後もしっかり冷却することで、炎症やかゆみなどの肌トラブルを防ぐことができます。

照射前後での冷却はとても大切なので徹底しましょう。全身の脱毛をする場合も照射前後での冷却は毎回必要なので、面倒だなと思う方は冷却機能のある脱毛器の購入も検討してみてください。

照射後はしっかり保湿をしましょう

照射が終われば、脱毛のお手入れが完了というわけではありません。

照射後のアフターケアとして重要なのは保湿です。照射後のお肌はバリア機能が低下していて、さらに照射の熱によって水分も不足している状態です。保湿を丁寧に行うことで、照射後のやけどや炎症、乾燥からくるかゆみなどの肌トラブルを防ぐことができます。

また、保湿をしっかりしておくことで、コンディションが整うので、お肌の生まれ変わるスピードがアップし、ムダ毛が早く抜け落ちるので脱毛効果も高まります。敏感な部分なのでなるべく刺激にならないように、アルコールが含まれていない化粧水やクリームなどで保湿ケアを行うようにしてください。下着による締め付けやこすれが刺激になったり、汗でムレて不衛生になったりする場合もあるので、いつでも清潔にしておきましょう。

家庭用脱毛器でVIO脱毛をする時の注意点・コツ

高出力の方が効果的/段階的に出力レベルをあげていきましょう

どの箇所の脱毛のお手入れをするときでも同じですが、照射のレベルを上げると、より効果は早く実感できますが、その分痛みも強く出ます。

痛みに強い方や、早く効果を実感したい方は高い出力レベルで照射をしたいですよね。ですが、VIOラインは皮膚が薄くデリケートな部分なので痛みを我慢したり無理をしてしまうと、炎症ややけどなどの肌トラブルのリスクが高くなってしまいます。お肌の状態が悪化してしまうと、定期的なお手入れができず、脱毛完了までの期間が延びることになってしまいます。

低いレベルからはじめて段階的に出力レベルを上げていくことが結果的に脱毛完了までの近道になるので、焦らず丁寧にお手入れしていきましょう。また、普段からの保湿をしっかり行うことで脱毛の効果を高めることもできますよ♪

粘膜部分への照射は避けましょう

脱毛サロンや医療脱毛のクリニックでもIラインやOラインの粘膜への照射は行っていないところがほとんどです。家庭用脱毛器でも、粘膜の部分への照射は基本的に推奨されていません。

自己判断での照射になりますが、粘膜ギリギリまで照射をしたいという方は、照射面積が小さく、細かい範囲に照射できるカートリッジやアタッチメントがある脱毛器を選ぶことをおすすめします。それでも、そもそも照射が難しい箇所になるので、鏡を見ながら慎重に、無理のない範囲で照射を行うようにしてください。

自分ではできないけど、粘膜部分のムダ毛が気になるから処理したいという方は、医療脱毛のクリニックなどでプロの方にお願いするのも1つの方法として考えてみてください。

最初の数回は全体的に照射しましょう

Vラインは残して、希望のデザインや、形を整える程度にされる方でもはじめの数回は全体的に照射するのをおすすめします。生えてこなくなったらどうしようと不安な方もいると思いますが、大丈夫です!Vライン全体を照射してもはじめは照射のレベルも低いですし、家庭用脱毛器は照射のパワーが低いのでムダ毛がなくなるわけではありません。むしろ数回全体的に照射することで、生えてくる毛が柔らかく手触りも良くなり、また自然な形で毛量を減らすことができます。

VIOラインの脱毛には結構な回数や期間が必要なので、はじめの数回は全体的に照射をして、そこから希望のデザインにしていくことでどんなデザインでも自然な感じになるのでおすすめです♪

照射しない部位は布や古い下着などで覆いましょう

ハイジニーナにする方は問題ないですが、Vラインを残して照射するという方は、気を付けないといけないポイントがあります。

それは、残している毛に照射のフラッシュ(光)やレーザーが当たらないようにすることです。

全身の脱毛でも、ムダ毛を残して照射する箇所はVライン以外にありません。照射のフラッシュ(光)やレーザーは、黒い部分に反応するようになっているので残している毛に照射をしてしまうと、やけどなどの肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。Vラインの毛を残した状態で照射をする場合は、照射しない箇所を布や下着などで覆って照射するのがおすすめです。

そのとき、黒い布や下着だとかえって危険なので、白や明るい色のものを使用するようにしてください。

生理など体調が不安定な時は避けましょう

定期的なお手入れが必要な脱毛なので、前もって照射の日を決めている方もたくさんいるかと思いますが、生理前や、生理中など体調が不安定な時は脱毛のお手入れは避けましょう。

その理由として、生理前後はホルモンバランスが乱れてしまいがちなこと、お肌の調子が普段よりも変化しやすいこと、いつもよりも敏感になっていて痛みを感じやすいこと、などが挙げられます。

生理前後での体調はひとりひとり違うのでなんともない方もいますが、PMS(月経前症候群)がひどい方もいます。体調があまり良くない場合は無理せずお休みして、いつでも自分の好きなタイミングで脱毛のお手入れをすることが可能なのが家庭用脱毛器のメリットなので、体調が安定するまで待ちましょう。

VIO脱毛に効果的な家庭用脱毛器

【脱毛ラボ ホームエディション】脱毛ラボ

脱毛サロンとして大人気の「脱毛ラボ」が考案した家庭用脱毛器【脱毛ラボ ホームエディション】。

 照射可能範囲がVラインのみの製品が多い中、この脱毛ラボ ホームエディションはVIOの3つの部位への照射も可能になっています。その理由の1つとして挙げられるのが、本体に搭載されている「冷却クーリング機能」です。

照射前後の保冷剤等による冷却が必要なく、自動で5度まで冷却されるので痛みに敏感な方でも安心して使用できます。サロンと同等のパワーがあるので脱毛効果にも期待できます。本体交換式のタイプですが、これ1台で全身脱毛300回分の照射ができ、照射レベルは5段階の調節が可能です。 冷却クーリング機能がついている脱毛器は少ないので、照射前後での冷却が面倒な方にはおすすめの脱毛器です♪

【ケノン】エムロック

【ケノンの口コミ】家庭用脱毛器の効果とレビュー

ケノンは楽天でのレビューはなんと150,000件以上!口コミの評価も高く、たくさんある家庭用脱毛器の中でも圧倒的な人気を誇っています。

カートリッジ交換式のフラッシュ(光)式の家庭用脱毛器で、VIOを含めた全身への照射が可能です。カートリッジの種類もたくさんあって、広範囲の照射に向いている照射面積の広い「エクストララージ」や、VIOやヒゲなどの、毛が濃い部分に最適な「ストロング」など。また、「スキンケア」のカートリッジを使用すれば美顔器としても使用でき、顔のシミ取りにも効果があります。

照射レベルも10段階に調節できるので、痛みに弱い方でも弱い出力で脱毛をはじめることができます。カートリッジを交換すれば長く使えますし、脱毛が完了しても美顔器として使用可能なのでコスパも良く、長く使用したい方にはおすすめです!

【トリア パーソナルレーザー脱毛器4X】トリア・ビューティー・ジャパン

トリアは医療脱毛のクリニックなどでも採用されている「蓄熱式ダイオードレーザー」と同じレーザーを照射できる家庭用光美容器です。

家庭用脱毛器としては唯一のレーザー式脱毛器となりますが、Iライン、Oラインへの照射は推奨されていません。また、照射面積が1㎠と狭いので広い範囲の脱毛には向いていませんが、ヒゲやVラインのデザイン脱毛にはおすすめです。

レーザー式の脱毛器なので、照射回数に制限もなくカートリッジの交換も不要です。レーザー式の脱毛器はフラッシュ式に比べて痛みも強いと思われていますが、トリアは照射のレベルも5段階に調節できるので、十分に冷却すれば痛みも軽減できます。トリアは家庭用脱毛器で高い脱毛効果を求めている方、脱毛サロンなどで全身脱毛が完了していて、まばらに生えてくるムダ毛に照射したいなど、照射箇所が少ない方におすすめな脱毛器です。

【LAVIE】ラヴィ

ラヴィの家庭用脱毛器は、IPL(インテンス・パルス・ライト)という特殊な光を採用している家庭用脱毛器です。

VIOや顔を含め、全身の照射が可能です。IPL方式の光はエステサロンなどで、「フォトフェイシャル」としても使用されているので、脱毛と同時にお肌のケアをすることもできます。カートリッジを交換すると、美顔器として使用することもでき、本体が壊れない限り半永久的にお手入れをすることができるのでコスパも良いです。

カートリッジ交換式ですが、脱毛のカートリッジは1種類、美顔器としてのカートリッジが1種類です。照射のレベルは7段階での調節が可能で、連写機能やオート照射機能にも対応しています。照射パワーもサロン級で、高い脱毛の効果と厳しい基準をクリアした安全の日本製なので、高品質な脱毛器です。

【シルクエキスパートPro】Braun

髭剃りなどでもかなりのシェアを誇るブラウン、ブラウンから発売されている家庭用脱毛器のシルクエキスパート(IPL方式光美容器)、シルクエキスパートは世界唯一のフラッシュ自動調節システム搭載で、照射口横のセンサーが肌の色を自動で読みとって光量を自動調節してくれます。

脱毛器業界でも圧倒的なパワー(最大6J/㎠)を実現しフラッシュの照射間隔も0.5秒なので、短い時間で全身のお手入れができます、カミソリはVENUS(ビーナスカミソリ)でこちらもムダ毛処理でシェアを誇っています。

また、1秒間に80回肌の色を読み込み、40万回のフラッシュ回数で肌の色に合わせて10段階の照射レベルを自動調節し、常に最適な状態でムダ毛ケアができます。

VIO脱毛に効果的な家庭用脱毛器まとめ

VIO脱毛に効果的な家庭用脱毛器について私なりの視点でまとめてみましたが、どうだったでしょうか?

たくさんの家庭用脱毛器が販売されていますが、機能性や種類もさまざまです。VIOラインは特にデリケートな箇所なので、脱毛器も慎重に選びたいですよね。

VIOラインが照射可能なものを選ぶというのは大前提ですが、それ以外にも照射のレベルや脱毛方式(フラッシュ(光)式かレーザー式)、カートリッジ交換式や冷却機能がついているものなど、自分の生活スタイルや好みに合った脱毛器を選ぶことも大切です。

また、照射のお手入れはきちんとしたケアと正しい方法で行えば、時間はかかりますが家庭用脱毛器でも必ず効果は得られます!気になった方は、おすすめの脱毛器も紹介していますので検討してみてください♪

タイトルとURLをコピーしました